PR

ニュース 社会

スキーW杯業務で贈収賄 容疑の山形市職員逮捕

 山形県警は、スキーワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会の業務受注で便宜を図った見返りに接待を受けたとして収賄容疑で、山形市馬見ケ崎、同市教育委員会学校教育課主査、二瓶裕治容疑者(39)を、接待したとして贈賄容疑で神奈川県鎌倉市梶原、スキー板販売会社社長、伊藤康晴容疑者(41)を逮捕した。

 伊藤容疑者は平成29年4月まで大手広告会社の系列企業に勤務し、ソチ冬季五輪を含む一時期、高梨沙羅選手らのマネジャーをしていた。

 二瓶容疑者の逮捕容疑は29年7月ごろから30年2月ごろ、30年1月に開かれた大会のスポンサー企業から広告費を取りまとめる業務を受注できるよう便宜を図り、見返りに計二十数万円相当の飲食接待などを受けた疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ