PR

ニュース 社会

JR東海 60歳定年を65歳に延長、JR各社で初

 JR東海の金子慎社長は27日の定例会見で、現在60歳としている社員の定年を65歳に延長すると発表した。これまでは再雇用制度で60~65歳は専任社員としてきたが、新制度では65歳までを社員とする。JR各社では初の取り組み。

 令和2(2020)年4月1日から新制度とするが、対象は実施時点で50歳以下の社員。50~60歳までの基本給の上昇を緩やかにする。かわりに、これまでは社員から専任社員に切り替わる際に大きくカットされていたのを新制度ではカット幅を縮小する。

 金子社長は「さまざまケースがあるが、基本的に65歳まで賃金総額は増える方向だ」と説明した。

 同社はリニア中央新幹線や在来線の鉄道事業強化で人材の拡充を図っているが、少子化によって、採用が厳しくなるとみている。このため、経験豊富な社員を定年延長によって確保する考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ