PR

ニュース 社会

不動産会社の金庫窃盗容疑 情報提供役の男とアポ電強盗の被告逮捕 警視庁

 不動産会社の事務所に忍び込んで金庫を盗んだとして、警視庁捜査1課は窃盗と建造物侵入の容疑で、埼玉県吉川市吉川の職業不詳、大竹純平容疑者(26)と、東京都渋谷区笹塚で2月にあったアポ電強盗事件で起訴された3被告の計4人を逮捕した。大竹容疑者は情報提供役とみられ、調べに黙秘している。

 捜査1課は、都内で連続発生したアポ電強盗事件についても大竹容疑者の関与がなかったか調べる方針。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも住所不定、無職の小松園竜飛(たつみ)(28)、須江拓貴(ひろき)(22)、寺島健太(33)の3容疑者。小松園、須江の両容疑者は江東区東陽で2月に起きたアポ電強盗致死事件でも起訴されている。

 4人の逮捕容疑は共謀して1月12日未明、中央区日本橋浜町の不動産会社の事務所にベランダから侵入し、金庫1個(時価3万円相当)を盗んだとしている。金庫内に現金や貴金属は入っていなかった。

 捜査1課によると、須江容疑者ら3人の通話記録などから、大竹容疑者の関与が浮上したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ