PR

ニュース 社会

最高裁、初の再審棄却 大崎事件で地・高裁決定新証拠認めず

大崎事件の第3次再審請求を認めない決定を出した最高裁判所=26日午後、東京都千代田区
大崎事件の第3次再審請求を認めない決定を出した最高裁判所=26日午後、東京都千代田区

 鹿児島県大崎町で昭和54年、男性の遺体が見つかった大崎事件の第3次再審請求特別抗告審で、最高裁第1小法廷(小池裕(ひろし)(ひろし)裁判長)は、殺人罪などで懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(92)の再審開始を認めない決定をした。再審開始を認めた鹿児島地裁と福岡高裁宮崎支部の決定を取り消し、原口さんの再審請求を棄却した。

 再審開始の判断基準とされる50年の「白鳥決定」以降、地裁、高裁が認めた再審開始決定を最高裁が取り消すのは初とみられる。決定は25日付。5裁判官全員一致の結論。共犯者として懲役8年が確定し、服役した元夫(故人)の長女の再審請求も同日付で退けた。いずれも再審を認めない判断が確定した。

 元夫を含む元親族3人は犯行を自白し、原口さんは一貫して否認していた。「男性の死因は絞殺ではなく、自転車の転落事故などによる出血性ショックの可能性が高い」とする法医学鑑定や、共犯者の自白と元親族の目撃証言に関する心理学鑑定の評価が争点だった。

 同小法廷は、法医学鑑定について、遺体が腐敗しており、写真による検分で直接見ていないことなどから「死因や死亡時期に決定的な証明力を持つ鑑定とはいえない」と指摘。共犯者や目撃者の説明は客観的状況とも整合していて「信用性は相応に強固」で、確定判決の事実認定を覆す証拠ではないと結論づけた。

 原口さんは、元夫らと共謀し、義弟だった中村邦夫さん=当時(42)=の首を絞めて殺害、遺体を埋めたとして起訴された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ