PR

ニュース 社会

「特に仲良い同僚同士」知人らショック、名古屋路上2人刺殺

男性2人が倒れていた現場付近を調べる愛知県警の捜査員=25日午前1時6分、名古屋市北区
男性2人が倒れていた現場付近を調べる愛知県警の捜査員=25日午前1時6分、名古屋市北区

 名古屋市北区の路上で刺されて亡くなった小笠原智之さん(44)と赤松英司さん(41)は、ビル管理会社の名古屋支店で共に働く特に仲の良い同僚として知られていた。2人は「子煩悩なお父さん」としても評判で、知人らは突然の悲報に言葉を失った。

 同社関係者の男性(46)によると、2人はビルの補修や工事を担当。男性は25日朝のニュースで事件を知ったといい「昨日は普通に仕事をしていた。みんなショックを受けている」と表情を曇らせた。

 同じマンションの男性(66)によると、小笠原さんは妻と双子の息子の4人暮らし。40代の女性は「毎年キャンプに出掛ける家族思いのいいお父さんだった」と声を絞り出した。

 赤松さんは中学生の息子のチームの野球コーチを務めていた。関係者の女性は「優しい人で、子供たちから慕われていた」と涙ながらに話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ