PR

ニュース 社会

遺産分割のための口座から現金3500万円着服疑い 司法書士を再逮捕 神奈川県警

 遺産分割のために管理していた預金口座から、現金約3500万円を引き出したなどとして、神奈川県警多摩署は24日、業務上横領の疑いで、東京都狛江市の司法書士、津元太朗被告(31)=別の業務上横領罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 再逮捕容疑は昨年12月と今年1月の2回にわたり、昨年7月に死亡した女性の遺族男性(84)=川崎市多摩区=に遺産分割するために、通帳と印鑑を預かっていた預金口座から現金約3500万を引き出し、着服したとしている。

 津元容疑者は昨年3~10月、成年後見人として管理していた預金口座から現金約970万円を引き出したとして、同署が先月22日に業務上横領の疑いで逮捕していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ