PR

ニュース 社会

自宅に遺体放置疑い49歳無職男逮捕 同居の父親か、東京・国立

 同居していた80代の父親とみられる遺体を公営アパートの自宅に放置したとして、警視庁立川署は死体遺棄の疑いで、東京都国立市青柳、無職、高橋直良容疑者(49)を逮捕した。

 同署によると、父親と2人暮らしで、父親の年金で生活していた。8日夜に父親が死亡しているのを見つけたと説明し、「これから起きることを考えたくなかった」と供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日ごろ~21日、都営アパートの寝室に遺体を放置したとしている。署は遺体の身元を父親とみて調べている。

 21日午後、近況確認のため訪問した市職員が異臭に気付き110番通報した。署員が駆けつけた際、高橋容疑者は不在だったが、23日午後、同署に出頭した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ