PR

ニュース 社会

「そもそも逃がしたのが…」逃走で地検の不手際に批判も

横浜地検に入る小林誠容疑者=23日午前7時23分ごろ
横浜地検に入る小林誠容疑者=23日午前7時23分ごろ
その他の写真を見る(1/2枚)

 横浜地検が収容しようとした際に逃亡した小林誠容疑者(43)が23日朝に公務執行妨害容疑で逮捕されたことを受け、住民らには安堵が広がった。包丁を持って逃げたため、自宅や立ち寄り先の自治体では学校が休校になるなどの影響も出ており、地検の不手際に対する批判も上がった。

 「月曜日の登校再開までに捕まっていなかったらどうしようかと思っていた」と話すのは、逃走に使われた車が見つかった神奈川県厚木市のアパート付近に住む60代主婦。逃走中は中2の孫を車で塾に送っていたといい、「本当に良かった」と笑顔を見せた。

 厚木市の無職、神森利夫さん(89)は「捕まってよかったが、そもそも検察や警察が逃したのは間抜けだ」。容疑者の自宅がある同県愛川町の無職男性(71)は、「妻が怖がって窓を開けないようにしていた。容疑者はちゃんと罪を償ってほしい」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ