PR

ニュース 社会

「痴漢に安全ピンで反撃」は是か非か論争 どう考える?

 布をとめるために使用される「安全ピン」を使い、痴漢から身を守る行為の是非をめぐる議論が、ネット上で熱を帯びている。痴漢を許さないとして支持や共感が広がったが、「冤罪(えんざい)だったらどうする」との指摘も。安全ピンによる反撃は傷害罪などに該当する可能性があり、反撃した側を守る目的の弁護団も結成された。一方、痴漢の被害者からは「未然に被害を防ぐ対策が重要では」との声が上がる。(矢田幸己)

■痴漢だったら正当防衛?

 《無理に声出さなくてもいいんだよ。次痴漢が出たらそれで刺しな》(原文ママ)。5月中旬、ツイッター上に投稿された漫画の一コマ。中学生のころ、電車内で初めて痴漢被害に遭ったという女性が、保健室の先生から安全ピンを手渡されたエピソードを紹介した。

 反響は大きく、リツイート(転載)で一気に拡散。「抑止力になる」「マストアイテムだ」と多くの賛意を得たが、「(刺されて)逆上する人もいる」などと否定的な意見もみられた。

 注目を集めたのは、この行為により痴漢の被害者が傷害罪などに問われかねないとの議論だ。正当防衛に当たるかどうかをめぐり、ネットユーザーの間で論争となったほか、感染症のリスクなど衛生面の観点から是非を論じる声も出た。

■反撃トラブルに無償対応の弁護団も

 議論の高まりを受け「大阪名物パチパチ弁護士」と称する弁護士が5月下旬、「安全ピントラブル対策弁護団」を結成したことをツイッターで明らかにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ