PR

ニュース 社会

実刑確定の逃走男、横須賀の知人宅で逮捕 地検「ご心配とご迷惑かけた」と謝罪

横浜地検に入る小林誠容疑者(中央)=23日午前7時23分頃
横浜地検に入る小林誠容疑者(中央)=23日午前7時23分頃

 窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした男が神奈川県愛川町の自宅から車で逃走した事件で、地検は23日、公務執行妨害容疑で指名手配していた小林誠容疑者(43)を逮捕した。小林容疑者は同県横須賀市の知人のアパートに潜伏していた。小林容疑者は19日に逃走、発生から4日で逮捕となった。地検は逃走の経緯を詳しく調べる。

 23日午前6時40分ごろ、警察官がアパート一室の前で小林容疑者を説得、外に出てきたところをため身柄を確保した。県警は犯人蔵匿容疑で一緒にいた知人の男を現行犯逮捕した。

 容疑者が乗った捜査車両は午前7時半ごろ、横浜地検に入った。小林容疑者はワンボックス車の後部座席に捜査員に囲まれる形で、天井を見上げていた。

 竹内寛志次席検事は「地域住民、学校関係者をはじめ、全国の皆さまに多大なご心配とご迷惑をお掛けしたことを深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 逮捕容疑は19日午後1時すぎ、収容状を持って自宅アパートを訪れた検察事務官に向かって、包丁を振り回すなどして公務を妨害したとしている。

 捜査関係者によると、小林容疑者とよく似た男が横須賀市内の公衆電話で電話をかけていたとする目撃情報があり、県警が確認。この公衆電話の受話器などの指紋を採取したところ、小林容疑者と一致したという。その後、県警が周辺の捜査を進め、同市森崎の知人アパートが浮上。小林容疑者が潜伏していることが判明したという。

 小林容疑者が逃走したのは19日午後1時すぎ。刑務所へ身柄を収容するため、愛川町の自宅アパートに横浜地検事務官と県警厚木署員が7人が訪問した際、包丁を振り回して威嚇し、駐車場にあった乗用車で逃走した。

 その後、相模原市の国道16号や東名高速道路などを走行し、厚木市内の2軒のコンビニに立ち寄ったことが確認された。同日午後11時半ごろには、自宅から約7キロ離れた同市内の知人女性が住むアパート敷地内で車が発見された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ