PR

ニュース 社会

千島列島で噴火 国際線がルート変更も

 ロシア極東サハリン州からの報道によると、千島列島中部のライコケ島のライコケ山(標高551メートル)が、22日早朝に噴火した。火山灰は上空十数キロに達すると予測されている。

 国土交通省によると、飛行中の旅客機が噴煙をエンジンに吸い込むと、最悪の場合にはエンジンが止まる危険がある。全日空や日航は、日本と北米を結ぶ路線で、噴煙を避けるルートに飛行計画を変更して対応している。大幅な遅れは生じていないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ