PR

ニュース 社会

拳銃や散弾銃所持 暴力団組員の知人の男女2人を逮捕

 大阪市東淀川区で5月、車内に回転式拳銃2丁と実弾105発を所持したとして、指定暴力団任侠山口組系組員らが逮捕される事件があり、大阪府警捜査4課は22日、事件の前にこの拳銃などを保管するなどしたとして、銃刀法違反(共同所持)の疑いで、組員の知人の男女2人を逮捕したと発表した。

 同課によると、2人は茨城県つくば市花畑の建設作業員、橋口一徳(かずのり)(59)と大阪市東淀川区豊里の無職、山田一恵(57)の両容疑者。同課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は4月ごろ、東淀川区内で回転式拳銃2丁と実弾105発を保管するなどしたとしている。府警は5月、拳銃などが入ったゴルフバッグを車内に所持したとして、任侠山口組系組員の幅多潤也被告(51)=銃刀法違反罪で起訴=らを逮捕していた。同課は幅多被告が知人の2人に拳銃などの保管を指示したとみて、入手先などを調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ