PR

ニュース 社会

署内勾留中の男死亡、埼玉 体調不良12回訴えるも「異常なし」

 埼玉県警越谷署は22日、県青少年健全育成条例違反などの疑いで1月26日に逮捕し、その後起訴され、署の留置施設で勾留中だった男(34)が死亡したと発表した。外傷はないといい、病死の可能性が高いとみているが、遺体を解剖して死因を詳しく調べる。

 署によると、男は1月以降、12回にわたり体調不良を訴えていた。今月19日にも医師の診察を受けたが、異常は見つかっていなかったとしている。署は「留置管理は適切だった」としている。 

 今月21日午後9時半ごろ、男の同室者から「男が呼吸をしていない」と申し出があり、署員が119番した。男は布団の中に横たわった状態だった。搬送先の病院で死亡が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ