PR

ニュース 社会

逃走男の緊急配備まで4時間超 厚木署から県警本部へ連絡遅れ

小林誠容疑者(横浜地検提供)
小林誠容疑者(横浜地検提供)

 窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした小林誠容疑者(43)が車で逃走した事件で、厚木署から神奈川県警本部への連絡が遅れ、緊急配備までに4時間以上を要していたことが20日、分かった。県警は当時の対応についても調べる。

 小林容疑者は19日午後1時すぎ、収容のために自宅を訪れた地検職員と署員に刃物を振り回し、自宅近くにあった車で逃走。刃物を持ったまま逃げているとみられる。

 厚木署が県警本部に逃走を連絡したのは午後3時ごろで、県警が緊急配備したのは午後5時46分と対応が遅れた。

 午後5時55分ごろには、小林容疑者が相模原市南区の大型量販店付近で車を降りるのを警察官が目撃したが、確保には至らなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ