PR

ニュース 社会

山形、51施設で被害 新潟震度6強

第4回災害対策本部会議で吉村美栄子知事は「被災者の一日早い復旧を」との指示が出された=20日、山形県庁(柏崎幸三撮影)
第4回災害対策本部会議で吉村美栄子知事は「被災者の一日早い復旧を」との指示が出された=20日、山形県庁(柏崎幸三撮影)

 山形県沖を震源とする地震で県の災害対策本部員会議が20日、国土交通省、気象庁の職員も参加し県庁で開かれ、被害状況が報告された。

 被災地の復旧に向け、吉村美栄子知事は、(1)被災地の人数・情報の把握(2)週末に降雨が予想され被害拡大や土砂災害に警戒(3)被災者が一日も早く元の生活に戻れるよう市町村と関係した取り組み-の3点を指示した。

 会議冒頭、関係各所から被害状況(20日午後1時現在)が報告され、負傷者は21人で避難者は36人。屋根瓦が落ちるなどの被害の出た住宅は97棟で、学校は37、社会体育施設は9など計51施設で被害が出たほか、6校でブロック塀が倒壊した。

 観光への影響も出ており、鶴岡、酒田など庄内地方だけでなく、県内全体で数十件のキャンセルが出ているという。文化財の被害は、旧西田川郡役所の内壁に亀裂が出るなど、国指定の重要文化財5件のほか、国指定史跡も含め13施設で被害が出ているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ