PR

ニュース 社会

G20会場周辺でドローン飛ばす 男性2人を書類送検へ

 大阪府警警備部は19日、28、29日に大阪市で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の会場付近で、府内在住の30代男性2人がドローンを飛ばしたと発表した。府警は、G20サミットに合わせてドローンの飛行を規制する府条例に違反した容疑で2人を書類送検する方針。

 府警によると、2人は18日午後6時40分ごろ、会場となる大阪市住之江区の国際展示場「インテックス大阪」がある人工島・咲洲(さきしま)内の公園で、重さ300グラムのドローンを飛ばした疑いが持たれている。

 咲洲を警戒していた府外から応援に入っている機動隊員が見つけた。1人が操縦し、1人が横に立っており、操縦していた男性は「友人に飛ばし方を習っていた。飛行が禁止されているのは知らなかった」と話しているという。

 条例では、咲洲や関西国際空港周辺などで全てのドローンの飛行を禁止している。府警の佐藤隆司警備部長は「サミットの安全開催に向けて、条例違反には厳正に対処する。ドローン発見時の110番通報などにご協力をお願いします」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ