PR

ニュース 社会

社員の健康相談を無断利用 イオン保健師、大学院で

 イオン北海道(札幌市)の女性保健師(62)が5月、鬱(うつ)病で休職するなどした社員3人分の「健康相談記録」の原本を持ち出し、非常勤講師を務める天使大大学院(同市)の授業で無断利用していたことが19日、同社への取材で分かった。記録には氏名や住所、病歴などが記載されており、同社は個人情報保護法に抵触するとして、保健師を処分する方針。

 同社や天使大によると、保健師は大学院で保健師業務の授業を担当。社外秘の記録を持ち出し、本人らの同意なく、5月23日の授業で大学院生5人に見せた。復職に向け、病状を記した産業医の意見書が添付されたものもあった。健康相談記録の氏名部分は付箋(ふせん)で隠されていたが、意見書は氏名が分かる状態だった。授業で個人情報が使われているとの情報が大学院に寄せられ、発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ