PR

ニュース 社会

避難者、余震や被害の不安で眠れぬ夜 新潟震度6強

地震で自宅から避難し、避難所に指定された山北総合体育館で朝を迎えた被災者=6月19日午前、 新潟県村上市府屋地区(早坂洋祐撮影)
地震で自宅から避難し、避難所に指定された山北総合体育館で朝を迎えた被災者=6月19日午前、 新潟県村上市府屋地区(早坂洋祐撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「考えることがたくさんあってほとんど眠れなかった」。山形県沖を震源とし、新潟県村上市で震度6強を観測した地震で19日早朝、避難所から自宅に戻った同市府屋の自営業、諸橋隆一さん(62)は疲れた様子でこう話した。

 眠れないまま19日午前4時ごろに帰宅。家に入ると2階を中心に家の中はめちゃくちゃになっており、倒れた棚からビデオテープが散乱していた。諸橋さんは「ここまでの被害は初めて。まずは片付けないと」と冷静に語った。

 会社員の磯部真理子さん(44)は、中学2年の息子と食事中に被災した。揺れや津波への不安でなかなか眠ることができず、「息子も気持ちがたかぶっているのか眠れなかったみたい」と話す。

 18日午後11時に避難所に着き、息子が寝入ったのは19日午前1時ごろだった。19日は自宅に帰って片付けが待っている。自宅を出る前、台所の高さ約180センチの食器棚が倒れて中の食器が割れている様子や、クローゼットの中の収納ボックスが飛び出しているのが確認できた。「職場もどうなっているか…」。磯部さんの不安は尽きない。

 「下越地方」と呼ばれる新潟県北部だが、昭和39年にも「新潟地震」が発生した。新潟地方気象台によると、最大震度は5だったが、被害は他県にも及び、死者26人、1960戸が全壊した。当時の記憶がある自営業の佐藤富昭さん(75)は寝ていたところを揺れでたたき起こされた。佐藤さんは「強烈な横揺れで、新潟地震よりも大きかった」と驚き、「仏壇はめちゃくちゃ。大事にしていた皿も割れてしまった。また揺れるかと思うときょうも眠れるかどうか」と不安をのぞかせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ