PR

ニュース 社会

JR羽越線が緊急停止 車掌「津波の恐怖が頭よぎった」 新潟震度6強

山形県沖で発生した地震の影響で緊急停止したJR羽越線=19日午前1時40分ごろ、新潟県村上市笹川(池田証志撮影)
山形県沖で発生した地震の影響で緊急停止したJR羽越線=19日午前1時40分ごろ、新潟県村上市笹川(池田証志撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 山形県沖を震源とし、新潟県村上市で震度6強を観測した地震で、揺れが来た直後、日本海の海岸沿いを走るJR羽越線が緊急停止した。乗客の男子高校生2人と乗務員2人は近くの高台にすぐに避難。付近には津波注意報が発令されたものの、目に見える潮位の変化はなかったが、車掌の男性(30)は「津波の恐怖が頭をよぎった」とおびえた様子で話した。

 羽越線の普通列車(3両編成)が村上市笹川付近のトンネルを通過しようとしたところで、緊急地震速報が流れた。指令から緊急停止の指示もきたが、「トンネル内で停止するのは危険」と考え、通過した後に停止した。

 運行中だったため、地震の規模は分からなかった。ヘッドライトで架線を照らすと、かなり揺れていることが分かった。初めて「地震がきているんだ」と確信した。

 「まず乗客の安全確認を」と考え、2、3両目にいた男子高校生2人を1両目に誘導した上で運転席のドアから降車させた。

 運転席から、付近の住民が高台にある菅原神社に避難しているのが見えた。消防団員が「避難してください」と声をかけてきたので、「いま、津波が来ているんですか」と叫んだ。あたりは暗闇。電気を付けたまま電車を後にした。

 神社の境内はすでに住民約40人が避難。ラジオを聞いたり、携帯電話で情報を集めたりしていた。高校生は携帯電話で両親に無事を伝えた。

 約2時間後、津波の心配がなくなったことから、タクシーを呼び、勝木駅まで行くはずだった高校生2人を無事送り出した。

 車掌歴5年という男性は最近、東日本大震災の教訓を学んだばかり。「地震で避難したのは初めてだったが、勉強が生きた」とほっとした表情で語った。

 羽越線は19日午前5時半時点で、村上-酒田間の運転を見合わせている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ