PR

ニュース 社会

新潟で震度6強 停電9千戸超 M6・7 一時津波注意報

震度6強の地震で通行止めとなった山形道=18日、山画県鶴岡市(柏崎幸三撮影)
震度6強の地震で通行止めとなった山形道=18日、山画県鶴岡市(柏崎幸三撮影)

 18日午後10時22分ごろ、新潟県村上市で震度6強の地震があった。震源地は山形県沖で、震源の深さは約14キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。気象庁は山形県と新潟県上中下越、佐渡、石川県能登に津波注意報を出した。19日未明に新潟県で10センチの津波を観測。同県の粟島や山形県酒田市には微弱な津波が到達した。

 新潟市は津波の高さが想定を上回る恐れがあるとして、海岸付近にいる人を対象に避難指示を出した。山形県鶴岡市は沿岸地域の住人に避難勧告を出し、酒田市も住民を高台へ避難誘導した。

 気象庁は19日未明の記者会見で、今回揺れが強かった地域では今後1週間ほど最大震度6強程度の地震に注意するとともに、家屋の倒壊や土砂災害の危険が高まっているとして警戒するよう呼び掛けた。

 村上市消防によると、同市の高齢男性が転倒し、右脚にけがをした。同市の国道345号が、落石で通行止めになっているという。村上市は対策本部を立ち上げ、市内に少なくとも10カ所の避難所を開設した。

 一方、震度5弱を観測した山形県酒田市の地元消防によると、市内で4人のけが人がいるという。いずれも命に別条はない。高畠町で60代の女性が階段から転落してけがをした。

 新潟県柏崎市の地元消防によると、避難しようとした車いすの60代女性が室内で転倒し、頭にけがをして搬送された。

 東北電力によると、山形県鶴岡市や酒田市、新潟市や新潟県村上市で計9千戸以上が停電。東京電力は、現在停止中の柏崎刈羽原発1~7号機(新潟県柏崎市・刈羽村)に異常がないことを明らかにした。その他の原発についても異常は出ていない。

 JR東日本によると、上越、東北、北陸新幹線は発生直後、一時運転を見合わせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ