PR

ニュース 社会

「1週間ほど強い揺れに注意」 気象庁会見 新潟震度6強

新潟などで発生した地震について記者会見する気象庁地震火山部地震予知情報課の中村浩二課長=19日未明、気象庁
新潟などで発生した地震について記者会見する気象庁地震火山部地震予知情報課の中村浩二課長=19日未明、気象庁

 18日夜に新潟県で最大震度6強、山形県で最大震度6弱を観測した地震で、気象庁は19日午前0時半から記者会見を開いた。震源地は山形県沖で、地震の規模を示すマグニチュード(M)を、当初発表していた6・8から6・7、震源の深さを約10キロから14キロにそれぞれ修正。地震予知情報課の中村浩二課長は、「揺れの強かった地域では今後1週間ほど最大震度6強程度の地震に注意してほしい」と呼びかけた。

 今回の地震では、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測したのをはじめ、北海道から中部地方にかけて広範囲で震度1~5強の揺れを観測。気象庁によると、地震発生以降、震度1以上の地震を7回観測したほか、19日午前0時15分には新潟で10センチの津波を観測した。津波注意報は19日午前1時過ぎに解除された。

 今回の震源地付近では、昭和39年6月にM7・5を観測した新潟地震が起きている。中村課長は「夜間のため、家屋に被害がない人は自宅で過ごされると思うが、強い揺れが来ると屋内で家具が倒れてくるおそれもある。心配がない場所で休んでほしい」と注意を呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ