PR

ニュース 社会

「海底活断層の可能性」 鷺谷威・名古屋大教授

■鷺谷威・名古屋大教授(地殻変動学)の話「この地域は東西方向の圧縮による逆断層の地震が多い。昭和39年の新潟地震が起きた場所に近いとみられ、同様のタイプだが、マグニチュード6・8と規模は一回り小さい。震源が浅いので揺れが大きくなった。

 震源が沖合で、海底の活断層が起こした可能性がある。海底に活断層の多い地域だが、最近さほど活発ではなかったと思う。

 周辺地域では当面、同程度の余震に注意が必要だ。山地が海に面している地域であり、傾斜が急な所では崖崩れなどの恐れがある」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ