PR

ニュース 社会

回転遊具で男児2人軽傷 北海道「ルスツリゾート」

北海道留寿都村の遊園地ルスツリゾートカントリーランドのアトラクション「ツイスター」(ルスツリゾート提供)
北海道留寿都村の遊園地ルスツリゾートカントリーランドのアトラクション「ツイスター」(ルスツリゾート提供)

 18日午前10時ごろ、北海道留寿都村の遊園地「ルスツリゾートカントリーランド」に、修学旅行で訪れていた北海道栗山町立栗山小6年の男児2人が、回転アトラクションから投げ出され、額を切るなどのけがをした。軽傷とみられる。

 倶知安署によると、座席に体を固定するシートベルトが事故当時、外れていたか、不具合があった状態だったとみられる。署は業務上過失傷害容疑を視野に捜査している。

 ルスツリゾートによると、アトラクションは「ツイスター」と呼ばれ、車輪のように回転しながら周回する定員4人の客車10台が取り付けられている。男児2人が乗っていた客車には他に2人が乗っていたが、けがはなかった。運転前に係の男性(33)が各客車の布製のベルトが固定されていることを確認し「見落としはない」と話しているという。

 ルスツリゾートは安全が確認できるまで当面の間ツイスターの営業を見合わせる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ