PR

ニュース 社会

一路北上した飯森容疑者、買い物繰り返し大阪・箕面の山中へ

大阪・吹田の交番襲撃 事件前後の動き
大阪・吹田の交番襲撃 事件前後の動き

 強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者は16日早朝に大阪府吹田市で男性巡査を襲った後、同日午前中には隣接する同府箕面市まで逃走。その後は身柄を確保された現場周辺で行動していたとみられる。

 府警によると、午前5時38分に千里山交番前で犯行に及んだ飯森容疑者は、事件から約3時間半後の午前9時過ぎ、現場から北に約4・5キロ離れた商業施設「イオン北千里店」でジャンパーなどの着替えを購入。その後も北上したとみられ、午前9時40分には、箕面市今宮のコンビニエンスストアの防犯カメラが、同店前の路上を通過する姿を捉えていた。

 さらに、4分後の午前9時44分に、同市石丸のホームセンター「コーナン箕面今宮店」で虫除けグッズを購入。午前10時47分には、別のコンビニで持ち運びタイプの携帯電話の充電器や電池を購入していたことが確認されている。

 事件から5時間余りで逮捕された山中近くに移動した飯森容疑者。午後8時過ぎまで、コンビニと山中へ向かう途中の住宅街を行き来する姿が複数の防犯カメラに残されていた。

 ところが、それ以降は飯森容疑者がほかの場所に移動する姿が確認できず、府警は山中に潜んでいる可能性が高いと判断。日の出とともに山中に入り、17日午前6時34分、飯森容疑者の身柄を確保、逮捕した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ