PR

ニュース 社会

防犯カメラと酷似の30代男が現場近くのホテルに宿泊 東京在住か 警官襲撃

現場交番の防犯カメラに写っていた不審な男(大阪府警提供)
現場交番の防犯カメラに写っていた不審な男(大阪府警提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番前で16日早朝、同署の古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査(26)が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた強盗殺人未遂容疑事件で、交番の防犯カメラに写っていた不審な男に酷似した男が、同市内のホテルに最近まで宿泊していたことが捜査関係者への取材で分かった。男は30代で東京在住といい、府警はこの男が事件に関与した疑いがあるとみて行方を捜している。

 府警によると、事件は同日午前5時40分ごろに発生。交番前で古瀬巡査が男に包丁で刺され、実弾5発が入った拳銃が奪われた。

 交番の防犯カメラには、同4時13分から5時1分までの間に8回、付近をうろつく不審な男の姿が写っていた。黒っぽい上着にキャップ帽、メガネ姿で府警は画像を公開し、情報提供を呼びかけている。

 捜査関係者によると、同日午後、大阪府内の警察署に、「防犯カメラの男に家族が似ている」と届け出があった。届け出があった男は30代で現在は東京に住んでいるといい、15日ごろまで、現場の交番から約2キロ離れた同市内のホテルに宿泊していたとみられる。

 事件の約10分前には、同交番管内で窃盗事件が起きたとの110番通報があり、後に虚偽の内容と判明。古瀬巡査はこの通報を受けて出動する際に被害に遭っており、捜査本部が関連を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ