PR

ニュース 社会

警官の拳銃とベルト結ぶひもの金具、外される 大阪・吹田

警察官が刺され拳銃が奪われる事件があった千里山交番周辺を調べる捜査員=16日午前8時6分、大阪府吹田市
警察官が刺され拳銃が奪われる事件があった千里山交番周辺を調べる捜査員=16日午前8時6分、大阪府吹田市

 大阪府吹田市で16日早朝、交番勤務の警察官が刺され、実弾入りの拳銃を奪われた事件で、警察官の帯革(ベルト)と拳銃を結ぶひもの金具が外されていたことが16日、大阪府警への取材で分かった。

 事件は16日午前5時40分ごろ、「警察官が血を流して倒れている」と110番があり、府警吹田署千里山交番(吹田市千里山霧が丘)で勤務する男性巡査(26)が左胸に包丁が刺さった状態で倒れているのが見つかった。男性巡査の詳しいけがの状態は不明。

 府警などによると、警察官が拳銃を装着するときは、銃のグリップ部分にひもをつけ、帯革と結びつけるが、ひもと拳銃を連結させる金具が外されていたという。

 府警は強盗殺人未遂容疑で捜査するとともに、「施錠を徹底し、外出はなるべく控えてほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ