PR

ニュース 社会

中3女子自殺で月内に第三者委 茨城・高萩

 茨城県高萩市の市立中3年の女子生徒(15)が自殺した問題で、市は14日、第三者委員会の設置条例案を市議会に提出し、可決された。第三者委は月内に初会合を開き、事実関係の調査や検証に着手する。

 市によると、第三者委は弁護士らで構成され、教員への聞き取り調査結果などをもとに、経緯の解明を進める。女子生徒が所属した卓球部顧問の教諭が部員への暴言などを繰り返していたとされる点を踏まえ、教諭の指導と自殺の因果関係についても議論する。会議は原則非公開で行われる。

 女子生徒は4月30日に自宅で自殺した。昨年9月に行われた学校でのアンケートには「部活動はつまらない。やっているといらいらする」と回答し、今年3月中旬以降、部活に参加していなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ