PR

ニュース 社会

BMW2・3万台リコール 燃料漏れの恐れ

 BMW日本法人は14日、燃料漏れの恐れがあるとして、乗用車「BMW 116i」「BMW 120i」の2車種計2万3746台(平成23年6月~26年2月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、燃料タンクの溶接が不適切で、走行中の振動などで生じた亀裂から燃料が漏れる可能性がある。ガソリン臭がしたり、漏れた跡が見つかったりした不具合が199件確認された。事故はない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ