PR

ニュース 社会

高齢施設殺害 施設周辺の竹やぶからハンマー 夫が同型購入、凶器か

 東京都町田市鶴川の高齢者施設で昨年9月、入居者の関初枝さん(69)が自室で殺害された事件で、施設周辺の竹やぶで凶器とみられるハンマーが見つかっていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。殺人容疑で逮捕された夫で無職、関健次容疑者(71)=さいたま市中央区大戸=は事件前に同型のハンマーを購入しており、警視庁町田署捜査本部は犯行直後に捨て、証拠隠滅を図ったとみて調べる。

 捜査本部は同日、関容疑者を送検した。

 捜査関係者によると、関容疑者は事件の数カ月前から、レンタカーを借りて複数のホームセンターなどでハンマーやスコップを購入。関容疑者は犯行を事前に計画し、身元を特定されないようレンタカーを利用した疑いが持たれている。

 遺体発見直前の昨年9月21日未明、竹やぶ近くの防犯カメラに傘を差した不審な男が行き来する姿が写っており、周辺の竹やぶには、ハンマーのほか、スコップや長靴、作業着などがばらばらに捨てられていた。作業着に血痕などは確認されず、スコップも使用した形跡はなかった。

 捜査本部は、関容疑者が夜間に隣室の初枝さんを殺害後、施設を出てハンマーなどを竹やぶに捨ててから自室に戻り、第一発見者を装うため朝の散歩の時間を見計らって初枝さんの部屋を訪問したとみて調べている。関容疑者は自ら110番通報した際、「泥棒が入って妻が死んでいる」と説明していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ