PR

ニュース 社会

パイロット飲酒でエアアジアに改善勧告 副操縦士は60日の業務停止処分

 国土交通省は14日、格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)に対し、今年3月、中部発台北行きの副操縦士が酒気帯び状態で乗務したとして、航空法に基づく業務改善勧告を出した。副操縦士は業務停止60日の処分となった。

 国交省によると、副操縦士は乗務前の検査で、同社が試験運用中だったストロー式の検知器ではアルコールが検出されたが、正式に採用していた吹き掛け式では検出されなかったため、そのまま乗務した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ