PR

ニュース 社会

少年院法務教官が勤務中に風俗サイト閲覧 減給処分

 法務省東京矯正管区は14日、業務のために貸与されたパソコンで勤務中に風俗サイトを閲覧していたとして、赤城少年院(前橋市)の男性法務教官(58)を減給100分の20(4カ月)の懲戒処分にした。

 赤城少年院によると、教官は昨年1~11月、インターネットへの接続を禁止されているパソコンをネットにつなぎ、主に風俗サイトや出会い系サイトを計約1万5000回閲覧、サイトから入手した約400枚の写真を保存していた。

 別の職員が目撃して判明。教官は平成29年12月にも、院内に設置された別のパソコンから風俗サイトを閲覧し厳重注意を受けていた。

 髭右近竜紀院長は「誠に遺憾。公務への信頼を著しく損ねたことを深くおわびする」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ