PR

ニュース 社会

岐阜市職員3人が同僚女性セクハラ 近く処分へ

 岐阜市は14日、同市市民課の出先機関の男性嘱託職員3人が、同じ職場で働いていた女性職員にセクハラ行為をしていたと明らかにした。3人はいずれも60代前半で事実関係を認めており、市は近く処分する方針。女性は精神的苦痛を受けたとして6月末で退職する意向を示している。

 市によると、女性は昨年4月に委託業者から派遣された。同6月以降、嘱託職員2人から複数回にわたって性的な内容を含んだメールを送られたり、体を触られたりした。女性から相談を受けた業者が同11月、市に申告した。

 市は2人に事実を確認し、今年4月に部署を異動させたが、6月に配属された別の嘱託職員も女性の体を触るなどのセクハラ行為をしたという。市は3人に厳重注意した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ