PR

ニュース 社会

市職員の31歳母「複数回落とした」 3カ月女児殺害事件 新潟・長岡

伊藤法子容疑者の自宅(右)=12日夜、新潟県長岡市
伊藤法子容疑者の自宅(右)=12日夜、新潟県長岡市

 新潟県長岡市で生後3カ月の女児が床に落とされ殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された母親の同市職員、伊藤法子容疑者(31)=同市末広=が「(女児を)複数回落とした」と供述していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。伊藤容疑者の長女、光ちゃんは、頭を強く打ったことによる脳挫傷で死亡。日常的な虐待を疑わせるような古い傷はなかったといい、突発的な事件だったとみられる。

 逮捕容疑は12日午前11時ごろ、同市の自宅で光ちゃんを床に落とす暴行を加えて殺害したとしている。

 市によると、伊藤容疑者は人権・男女共同参画課に在籍し、今年4月から育児休業中。夫も市職員で共働きだった。夫と長男、光ちゃんの4人家族。捜査関係者によると、周囲から見て、伊藤容疑者は育児に悩んでいる様子だった。事件当時、容疑者と光ちゃんは2人で自宅にいたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ