PR

ニュース 社会

逮捕の山形大生、事件後も受講 「逮捕は誠に遺憾」と学長

加藤紘貴容疑者の自宅マンションから押収物を運び出す山形県警の捜査員ら=12日夜、山形市
加藤紘貴容疑者の自宅マンションから押収物を運び出す山形県警の捜査員ら=12日夜、山形市
その他の写真を見る(1/2枚)

 山形県東根市の医師矢口智恵美さん(50)が殺害された事件で、逮捕された山形大人文学部(現・人文社会科学部)4年の加藤紘貴容疑者(23)が、事件のあった5月19日以降も授業に出席していたことが分かった。山形大が12日、明らかにした。

 総務課広報室によると、加藤容疑者は平成27年に入学。昨年10月から今年3月まで休学したが、理由は不明という。復学後に最後に授業に出たのは6月上旬だった。

 山形大は逮捕を受け、小山清人学長名で談話を発表。地域住民や関係者に陳謝し「誠に遺憾。被害者の冥福を祈るとともに遺族の皆さまにお悔やみ申し上げます。事実関係を確認した上で厳正に対処します」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ