PR

ニュース 社会

ゴーン被告、公判も「特別」 対立する日産と異例の一体審理

 金商法違反事件の初公判について、地裁は当初、9月にも開きたい意向を示していたが、撤回した。

 ゴーン、ケリー両被告側は多くの調書を不同意にする見込みで長期化は必至。ゴーン被告の弁護人を務める弘中惇一郎弁護士は「公判前整理手続きは来春ごろまではかかるだろう。さらに判決は半年かかるとも数年かかるとも分からない」との見方を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ