PR

ニュース 社会

墓石の不法投棄疑いで逮捕 北九州、土地かさ上げか

 福岡県警は11日、宅地を駐車場にする工事の際に墓石を不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の疑いで、北九州市若松区小敷、土木工事会社社長貝掛真人容疑者(70)を逮捕した。墓石で土地をかさ上げしたとみられる。

 逮捕容疑は平成27年7月、同市八幡東区の住宅地で、地中に墓石53個(約5・3トン)を捨てた疑い。

 県警によると、貝掛容疑者の会社は当時、同市内の霊園の解体工事を請け負っており「処分費用を浮かせたかった」との趣旨の供述をし、容疑を認めている。

 昨年11月に別の業者が駐車場を宅地に造成する工事の際に見つけ、警察に通報した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ