PR

ニュース 社会

東海道新幹線、停電相次ぐ 変電所で異常表示

 10日午後1時11分ごろ、東海道新幹線の東京-新横浜間で停電が発生、上下線で一時運転を見合わせた。約5分後に運転を再開したが、午後4時11分ごろにも同じ区間で停電が発生。JR東海が安全を確認した上で、約10分後に再開した。

 JR東海によると、2度目の停電は大崎変電所(東京)で異常を示す表示が出たために送電を停止した。詳しい原因や最初の停電との関連を調べている。2度目の停電では、上下計6本が最大14分遅れ、計約4800人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ