PR

ニュース 社会

精神鑑定の医師が証言 熊谷6人殺害、二審初公判

 埼玉県熊谷市で平成27年、男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、一審さいたま地裁の裁判員裁判で死刑判決を言い渡されたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)の控訴審初公判が10日、東京高裁で開かれた。弁護側の依頼で精神鑑定をした医師が出廷し「被告は事件当時、(妄想によって)何かからの脅威を感じていた」と証言した。

 責任能力の有無や程度が争点。弁護側は「統合失調症による妄想の影響で心神喪失状態だった」と無罪を主張したが、一審判決は「金品入手のため妨げとなる住人を殺害した」と指摘。妄想の影響は限定的とし、完全責任能力を認めた。弁護人が控訴していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ