PR

ニュース 社会

山形市職員93万円横領疑い 県スキー連盟被害

 山形県スキー連盟から現金約93万円を着服したとして、山形署は9日、業務上横領の疑いで、山形市馬見ケ崎、山形市教育委員会学校教育課主査、二瓶裕治容疑者(39)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、平成30年5上旬~10月下旬までの間、管理していた県スキー連盟ジャンプ部名義の口座から複数回にわたり現金約115万円を引き出し、うち約93万円を横領した疑い。

 同署によると、二瓶容疑者は、県スキー連盟競技本部ジャンプ・コンバインド部総務委員会委員長として、県内のジャンプ・コンバインド競技の各種大会を開催、競技の普及のため経理や預金通帳の管理などをしていた。山形市職員としての業務ではなく、同署が詳しい経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ