PR

ニュース 社会

児相対応に不備と提訴 秋田、元妻の娘殺害で父

 秋田市で平成28年、児童養護施設から一時帰宅中の小学4年、千葉愛実さん=当時(9)=が母親に殺害されたのは行政の対応に不備があったためだとして、父親の阿部康祐さん(46)=秋田県仙北市=が7日、児童相談所を管轄する県や、母子が住んでいた秋田市、同県大仙市に約8千万円の損害賠償を求め、秋田地裁に提訴した。

 訴状などによると、母親と阿部さんは離婚し、愛実さんの親権は母親が持った。県や両市は、母親が精神疾患を抱え、養育が困難であると知りながら愛実さんの一時帰宅の可否を適切に検討せず、養育環境の把握を怠り、親権停止の措置をしなかったなどとしている。母親は28年6月、無理心中を図り、自宅アパートで愛実さんの首を絞めて殺害、殺人罪で懲役4年の判決が確定した。

 阿部さんによると、月1回の面会交流を条件に親権を諦めたが、実施されないまま愛実さんが死亡。阿部さんは「行政がしかるべき措置を取ることを避け続け最悪の事態になった。取り巻くすべての人が子供の未来に責任があると考えないといけない」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ