PR

ニュース 社会

西日本で激しい雨 避難勧告で警戒レベル4

JR広島駅の改札前に掲示された運転状況を知らせるボード=7日午前
JR広島駅の改札前に掲示された運転状況を知らせるボード=7日午前

 前線や低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、7日は西日本を中心に局地的に非常に激しい雨が降った。広島市などは土砂災害の危険がある地域に避難勧告を出し、今年から運用が開始された大雨・洪水警戒レベル(5段階)は緊急避難を要する4になった。雨量が多い地域、その川下では河川の増水・氾濫にも警戒が必要になる。

 気象庁によると、7日午前10時までの半日の降水量は熊本県多良木町、山口県岩国市で150ミリ、高知県馬路村で130ミリ、広島県廿日市市で120ミリを超えた。

 気象庁は気象状況を解説して自治体を支援する「防災対応支援チーム」(JETT=ジェット)を広島県庁に派遣した。

 前線を伴った低気圧は発達しながら日本海から東日本を東に進み、8日朝には三陸沖に達する見込み。また、別の低気圧の影響で大気が非常に不安定な状態が続き、西日本では7日夜にかけて、東日本では太平洋側を中心に8日夜にかけて非常に激しい雨の降る地域がありそうだ。落雷や突風にも注意が必要になる。

 8日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で四国200ミリ、九州南部、近畿、東海は120ミリ、九州北部100ミリ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ