PR

ニュース 社会

横浜市営地下鉄脱線 撤去忘れ装置に乗り上げか 安全委調査へ

横浜市営地下鉄「ブルーライン」の下飯田駅付近で脱線した車両=6日朝、横浜市泉区
横浜市営地下鉄「ブルーライン」の下飯田駅付近で脱線した車両=6日朝、横浜市泉区
その他の写真を見る(1/2枚)

 6日午前5時25分ごろ、横浜市泉区の市営地下鉄ブルーラインの下飯田駅を出発した湘南台発あざみ野行きの始発電車が脱線した。市は工事用車両を移動させるための「横取り装置」と呼ばれる装置をレールから撤去し忘れ、そこに乗り上げたのが原因とみられるとした。乗客約130人にけがはなかった。運輸安全委員会は事故原因を調べるため、鉄道事故調査官を現地に派遣した。

 市によると、下飯田駅を出発直後に衝撃があったため運転士が緊急ブレーキを掛け停止。6両編成のうち先頭車両から5両目までが脱線した。横取り装置は線路保守の作業車を本線と保守用の線路との間で移動させるため、分岐器の役割をするもの。6日未明に作業員3人が点検した際、レールに設置したことを知らせる警報回転灯のスイッチを誤って切ったため撤去忘れに気付かなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ