PR

ニュース 社会

ピエール瀧被告に1年6月求刑「二度と薬物に手を出さないと誓う」

ピエール瀧被告=東京都江東区(蔵賢斗撮影)
ピエール瀧被告=東京都江東区(蔵賢斗撮影)

 コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンのピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の初公判で、検察側は「常習性が認められる」などとして懲役1年6月を求刑した。弁護側は「立ち直りに社会の中でのつながりが必要」として執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。判決公判は6月18日。

 瀧被告は最終弁論で「二度と薬物に手を出さないと誓います」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ