PR

ニュース 社会

事件4日前、現場を下見か 事件と同時間帯に男の姿 川崎20人殺傷

小田急線登戸駅に設置されている防犯カメラ=3日午前、川崎市多摩区
小田急線登戸駅に設置されている防犯カメラ=3日午前、川崎市多摩区
その他の写真を見る(1/2枚)

 川崎市多摩区でスクールバスを待つ私立カリタス小の児童ら20人が殺傷された事件で、岩崎隆一容疑者(51)=犯行後に自殺=が襲撃の4日前、現場周辺を下見した疑いがあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。岩崎容疑者は新品の包丁を事前に購入するなどしており、神奈川県警多摩署捜査本部は、児童らの列を計画的に狙った可能性があるとみて動機の解明を急いでいる。

 捜査関係者によると、防犯カメラの解析で、事件発生と同じ時間帯の先月24日朝、現場最寄り駅の小田急線登戸駅で、電車を降りる岩崎容疑者とみられる男を確認。男は、同市麻生区の岩崎容疑者の自宅最寄り駅の読売ランド前駅から乗車したことも確認された。

 カリタス小は翌25日の土曜日が運動会で、事件前日の27日の月曜日は振り替えの休校日だった。このため岩崎容疑者が下見をしたとみられる24日の金曜日が事件前の最後の通常登校日だったという。

 岩崎容疑者は事件当日、午前7時ごろ自宅を出発。読売ランド前駅から3駅離れた登戸駅に電車で移動して現場へ歩いて向かい、包丁で児童や保護者を殺傷した。24日に防犯カメラに記録された男は犯行時の岩崎容疑者と同じ丸刈りだったが、リュックサックなどの所持品はなかったという。

 学校側によると、同校は通学時間帯に現場の停留場と、学校を結ぶスクールバスを複数運行。午前7時半前後には多数の生徒が列になり、バスを待っていた。

 岩崎容疑者は事件当時、新品とみられる刃物4本を所持し、2本は今年2月に購入したことを確認。5月に現場周辺を訪れたのは24日と事件当日の28日で、捜査本部は凶器の準備を進める一方、登校の状況を事前に調べていた疑いがあるとみて、裏付けを進める。

 事件は5月28日午前7時40分ごろ発生。保護者で外務省職員の小山智史さん(39)と、同校6年の栗林華子さん(11)が死亡し、保護者の女性(45)と女児2人が重傷を負うなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ