PR

ニュース 社会

漂流ヨットの女性救助 北海道沖、船尾にイスラエル国旗

 2日午前11時50分ごろ、北海道寿都町の弁慶岬から西北西に約35キロの日本海で、漂流している小型ヨットを第1管区海上保安本部(小樽)の航空機がパトロール中に見つけた。巡視船が現場に向かい、ヨットに乗っていた外国人とみられる40代ぐらいの女性を救助した。女性にけがはなく、衰弱した様子もなかった。

 1管は巡視船でヨットを北海道岩内町の港に曳航(えいこう)し、女性の身元や漂流の経緯を調べる。

 1管によると、ヨットは船尾にイスラエル国旗を掲げており、女性は発見当時、上空の航空機に対して白やオレンジ色の布のようなものを振っていた。女性は日本語や英語が通じず、ヨットのエンジンが故障し、帆を張ることもできないと絵や身ぶりで説明。ロシア語とみられる文章をA4用紙3枚にわたって書き、事情を伝えようとしている様子だが、判読に時間がかかっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ