PR

ニュース 社会

シーサイドライン25メートル逆走し衝突、15人重軽傷 横浜・新杉田駅

「金沢シーサイドライン」の新杉田駅で逆走した車両=1日午後9時51分、横浜市磯子区
「金沢シーサイドライン」の新杉田駅で逆走した車両=1日午後9時51分、横浜市磯子区
その他の写真を見る(1/3枚)

 1日午後8時15分ごろ、横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」新杉田駅で、無人運転の車両が逆走し、車止めに衝突した。神奈川県警磯子署によると、15人がけがをして病院に搬送され、うち6人が骨折などの重傷。いずれも命に別条はない。

 新交通システムでの車両逆走は異例。運輸安全委員会は鉄道事故調査官を現地に派遣した。県警は業務上過失致傷容疑を視野に捜査する。

 県警によると、車両は新杉田発並木中央行きの5両編成で、約30人が乗車。車両のドアが閉まって出発しようとしたところ、約25メートル逆走して車止めにぶつかったという。運営会社によると全線運休しており、再開の見込みは立っていない。

 シーサイドラインは横浜市が出資する第三セクター「横浜シーサイドライン」が運営。平成元年7月に開業した。新杉田駅と金沢八景駅(同市金沢区)の約11キロを結び、無人運転の電車が高架軌道上を走る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ