PR

ニュース 社会

東北絆まつり、福島で開幕 震災からの復興願い

福島市で開幕した「東北絆まつり」で披露された山形花笠まつり=1日午前
福島市で開幕した「東北絆まつり」で披露された山形花笠まつり=1日午前
その他の写真を見る(1/3枚)

 東日本大震災からの復興を願い、東北6県を代表する夏祭りが集う「東北絆まつり」が1日、福島市の中心部で開幕した。平成28年まで6県が持ち回りで開いていた東北六魂祭の後継イベントで、2日まで催される。

 福島市役所近くのメイン会場の開祭式で、震災の犠牲者へ黙祷(もくとう)をささげた後、木幡浩市長や鈴木俊一五輪相があいさつ。

 会場のステージでは1日午前、山形花笠まつりの踊り手が紅花をあしらった花笠を手に舞う。

 市中心部の道路を往復で約2・2キロ練り歩く午後のパレードには、青森ねぶた祭、盛岡さんさ踊り、仙台七夕まつり、秋田竿灯まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつりが参加する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ