PR

ニュース 社会

星野受刑者が収容先で死亡 渋谷暴動事件で無期確定

星野文昭受刑者(提供写真)
星野文昭受刑者(提供写真)

 1971年、東京・渋谷の沖縄返還協定反対闘争で警察官を殺害したとして、殺人罪などで無期懲役が確定した星野文昭受刑者(73)が30日、収容先の東日本成人矯正医療センター(東京都昭島市)で死亡したことが分かった。関係者によると、5月に肝臓がんの手術を受けていた。

 事件は71年11月14日に発生。米軍駐留を認めた沖縄返還協定の調印に反対する学生らのデモ隊が暴徒化し、東京・渋谷で、機動隊や派出所を火炎瓶や鉄パイプで襲撃した。応援派遣されていた新潟県警の中村恒雄巡査=当時(21)、警部補に昇進=が死亡、同県警の別の警察官3人も重傷を負った。

 星野受刑者は無罪を主張したが、87年に最高裁で無期懲役が確定した。

 2017年5月、事件で指名手配され逃亡を続けていた大坂正明被告(69)が広島市内のマンションで発見され、逮捕された。東京地検が殺人罪などで起訴した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ