PR

ニュース 社会

「刺された」は自作自演 仙台、男性「仕事がつらかった」

 仙台市太白区の路上で29日夜、家族を通じて「刺された」と110番通報していた会社員の男性(51)が「自分で刺した」と話していることが30日、仙台南署への取材で分かった。同署ではこの男性による自作自演とみて、男性から詳しく事情を聴いている。

 同署によると、29日午後10時半ごろ、男性の妻が110番通報。男性は左胸に軽傷を負っていたが、自力で帰宅していた。同署が事情を聴いていたところ、「仕事がつらかった」として自作自演を認めたという。

 現場近くには同市立長町小学校があり、同署員などが児童の登下校時の見回りを強化するなどしていた。また、同校では児童を保護者に引き渡し、一斉下校させるなど対応に追われた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ