PR

ニュース 社会

街宣車で男性に2回衝突、右翼団体代表を逮捕 埼玉県警

 街宣車で男性に向かって発進し、2回衝突させたとして、埼玉県警公安2課は30日、暴行の疑いで、会社員で右翼団体「政治結社大日本実誠塾」代表、逆井徹容疑者(44)=埼玉県春日部市備後東=を逮捕した。「私は車を男性にぶつけていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、2月9日午後6時半ごろ、春日部市内の路上で、60代の男性に向けて街宣車を発進し、下腹部に2回衝突させたとしている。男性にけがはなかった。

 県警によると、街宣車でドラマ「必殺仕事人」のテーマ曲を大音量で流していた逆井容疑者に、男性が音量を下げるよう促すと、マイクを使い「そんなの関係ねえ。街宣許可を取っている」などと話したという。

 男性は「右翼の人とトラブルになった」と110番通報。ナンバーを確認するため街宣車の前へ移動すると、逆井容疑者は通話中の男性に向かって街宣車を2回発進、衝突させ、そのまま立ち去った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ